カテゴリ
  • HTML/CSS
  • Linux全般
  • Perl
  • Windows
  • Hardware
  • OpenSUSE
  • Slackware
  • MySQL
  • Vim
  • JavaScript
  • Network
  • Security
  • Debian
  • PHP
  • Perl DBI: disconnect invalidates 1 active statement handle

    2009/04/27 13:09
    PerlのDBIでこんなエラーが出た。

    DBI::db=HASH(0xa2c64a3)->disconnect invalidates 1 active statement handle (either destroy statement handles or call finish on them before disconnecting)

    どうやら一連の処理が終わったらきちんとfinish()しろということらしい。

    my $q = $dbh->prepare("select * from hoge) or print $dbh->errstr;
    $q->execute();
    $q->finish();

    参考書籍



    入門Perl DBI
    Tags: Linux全般 Perl MySQL

    ルータのsyslogをLinuxで受け取る

    2009/04/22 02:16
    ルーターのsyslogをLinuxで受け取る設定例。
    ※画像はマイクロリサーチ NetGenesis SuperOPT-GFive

    /etc/syslog.conf に下記の内容を加える。
    # Broadband Router (NetGenesis OPTG5)
    user.* /var/log/router.log

    "user.*" の部分はファシリティ(facility)と呼ばれるログの分類のことで、NetGenesis OPTG5では「LOG_USER」という指定があるけど、syslogにそのようなファシリティの定義がなく、どうやら「user」のことではないかと思うのでそのように指定した。(※画像参照)

    続いて、syslogd の起動オプションを追加。

    Slackwareでは /etc/rc.d/rc.syslog を編集
    して、-rオプションを加えた。
    /usr/sbin/syslogd -r

    RedHat系は /etc/rc.d/init.d/syslog を編集するらしい。
    SYSLOGD_OPTIONS="-r -m 0"

    設定ファイルと起動スクリプトを編集したら再起動をかける。

    再起動後にUDPの514番ポートが開いているか確認。

    $ netstat -an | grep -i udp | grep 514
    udp 0 0 0.0.0.0:514 0.0.0.0:*

    これでルーター側のsyslogの送信機能が有効になっていればサーバ側でログを受信できるはず。
    Tags: Network Security

    SSHトンネリングでrdesktop(リモートデスクトップ)

    2009/04/17 08:00
    前回、リモートデスクトップのセキュリティについて書いたので、実際にSSHトンネリングを試したみた。

    環境はLinuxクライアントからLinuxのSSHサーバに接続し、Windowsに転送するというもの。
    また、その際にCD-ROMとUSキーボードを使うようにした。

    ちなみにLinuxクライアントが Lenovo ThinkPad X200S でUSキーボードのうえに、解像度が1440x900なので若干設定をいじってみた。

    $ ssh -2 -N -f -L 5089:192.168.1.102:3389 SSHサーバのホスト(IPアドレスでもホスト名でも)
    $ rdesktop -g 1430x833 -r disk:cdrom=/media -k en-us -a 16 localhost:50000 &

    -g 1430x833 : 解像度
    -k en-us : キーボードレイアウト(日本語キーボードならja)
    -a 16 : 16 bitカラー
    -r disk:cdrom=/media クライアントの/mediaディレクトリをCD-ROMドライブとして使用

    localhost:50000 としてるのはlocalhost(Linuxクライアント)の50000ポートを使ってSSHサーバに接続するということで、レジスタードポート(予約済みポート,1024-49151)かダイナミックポート(49152-65535)を使用すれば問題ないだろう。




    Tags: Linux全般 Windows Network Security